2017年05月28日

みんなで静物デッサン

DSC_0151_edited.jpg

DSC_0153_edited.jpg

今日の日曜クラスはみんなで静物の鉛筆デッサンに取り組みました。


DSC_0154_edited.jpg

シンプルにカボチャを一つ描いた作品。練ゴムと鉛筆を交互に使ってできた鉛筆の調子が綺麗です。すべすべごつごつした質感も感じられますね。


DSC_0157_edited.jpg

こちらはカボチャと柑橘類のセット。光と影の描写によって独特の存在感が際立っています。作者ご本人は形のゆがみを気にされていましたが、むしろ絵の世界観と相まって味わい深さが出たように思います。


DSC_0160_edited.jpg

石、流木、木製パネルの静物デッサン。一つ一つのディティールが鋭く表現されており、流木の筋張った感じ、石の硬くて重たそうな感じがよく伝わってきます。構図やパースの不安定さが惜しいところですが、順調にステップアップしてます。


posted by 月島アートスクール at 14:35| Comment(0) | 絵画講座

2017年05月21日

家族の誕生日祝いに似顔絵制作

DSC_0146.jpg

ご家族の誕生日が近いということで、色紙に似顔絵を描きました。

最初に髪形、輪郭、目元、鼻、口、など各パーツごとに特長をメモに書き出してもらい、それぞれどんな形にするか練習します。そのあと各パーツを福笑いのような感覚で配置し、ご本人に似せていきました。目のキラキラは少年ぽさ、にっこり笑った口元はひょうきんさが伝わってきますね。

出来上がった絵はプロに依頼したの?と見間違うくらいの完成度でした。きっと喜んでもらえるでしょう。


DSC_0144.jpg

今日の静物課題は「白」をテーマに組んでみました。なんとなく給食のセットみたいですね。

白いモチーフなので、光と影の関係が見やすくなっています。右からくる光源を意識して描きましょう。


DSC_0145.jpg

アルチンボルド展が来月から始まるということで、花でできた顔「春」の模写を制作中です。細かくて目がまわりそうですが、丹念にひとつひとつ、花のパーツを描いていきました。展覧会は国立西洋美術館で6月20日から。
posted by 月島アートスクール at 14:10| Comment(0) | 絵画講座

2017年05月14日

キャラクターデザインと静物デッサン

DSC_0056.jpg

写真の人物からイメージするキャラクターのデザイン。下描きのあと色鉛筆で色をつけていきました。

イラスト制作も色の濃淡を工夫すると見違えるような出来栄えになります。筆圧の強弱を意識して、髪の艶、肌の濃淡などを表現しました。


DSC_0057.jpg

コーヒーカップ、皿、ケトル、チェック柄のタオルで静物の鉛筆デッサンしています。左右対称の工業製品は、形を取る段階で正中線を意識しておきましょう。


DSC_0061.jpg

ケトルにチェック柄が映り込んでいて、描き込みがちょっと大変そう。全体の印象を捉えつつ、丹念に個々の表情も追っていきましょう。

DSC_0065.jpg

6時間ほどで完成させました。チェック柄を一つ一つ丁寧に描きましたが、奥行の意識がそのぶん不足してしまったようで、ちょっと不安定に見えるのが惜しいところ。でもケトルの映り込みや、カップの質感などよく観察して表現できました。



posted by 月島アートスクール at 16:06| Comment(0) | 絵画講座