2022年02月25日

春に向けて





近頃寒い日が続いていましたが、久しぶりのポカポカ陽気に晴れ


このまますんなり春が訪れてほしいものですねかわいいかわいい 


782B3A48-4D9E-4641-A036-BE8A9CB45826.jpeg


さて、「錦帯橋」のアクリル画もいよいよ仕上げの段階のようです。


ご自身で撮ってきた写真だけでなく、各種資料なども参考に「絵」として仕上げていきます。


作品全体のバランスを見ながら、橋の複雑な細部などをじっくり描き込んでいきます。


しかしすごい橋です。絵にすることで改めてこの木造橋の 偉大さが伝わっってくるようですねわーい(嬉しい顔)


6BCD052F-F38A-4623-ABFB-BAD811513CB7.jpeg


油絵の生徒さん、まずはクロッキーで絵のイメージをざっくり描いてみます。


いざキャンバスに描き始めてから構図などを変えるのはなかなか大変なので、このタイミングでしっかりと計画を立てられると後が楽になります。


また、色彩や背景の処理なども想像してみましょうアート


油絵具は描きながら模索していくことも可能ですが、その為の土台はしっかりしていた方が安心です。早くキャンバスに描き始めたくてワクワクするような下絵ができたら、きっといい絵が描けるでしょうひらめき


posted by 月島アートスクール at 10:38 | 日記
2022年02月20日

軽やかな絵

今週も、スクールの生徒さんのお作品をちょっぴりご紹介して参ります目ぴかぴか(新しい)


A602BF14-3FF0-4A1E-873F-21C5DFB59C81.jpeg



水彩風景画の生徒さんの作品が完成しました晴れ


新潟県に旅行中ふと目に留まった川沿いの田園風景。


画面奥の山間に向かって清流を望む、なんとも画になる景色が丁寧に描かれています。


全体的には淡い色彩でまとめつつも、水面の反射など一部に置いた強い陰影がそこにリアリティーを与えています。


まじまじ眺めたくなる作品ですね。


A0759CF9-7380-45FF-BF88-4251D9695A48.jpeg



かわって、ペン画の着彩に入った生徒さんの作品。


常々「軽やかな絵を描きたいexclamation」と仰っておられますが、、


こういった美しい瓶の描写を見せられると、デッサン力があるからこそのお悩みなのだとわかりますモバQあせあせ(飛び散る汗)


しかし確かに、実力者ほど物事を簡単そうにこなしてしまうのは絵画に限った話ではないでしょう。


西洋でも東洋でも、わざと手数を少なく見せる手法は昔からあったようですので、そういった匠の領域に踏み入ってくれそうで楽しみですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


posted by 月島アートスクール at 10:34 | 日記
2022年02月13日

傷みやすいモチーフの扱い方

C722F7CB-4326-456A-A3B9-B55C30FCB9C7.jpeg


ワイン瓶とひめりんごのドローイング。


月一回受講の生徒さんですが、りんご系のモチーフは多少期間が空いても原型を留めていてくれますねりんご


……ちょっとシワシワですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


このように、よく絵画の題材にされるモチーフは美しさだけでなく「日持ちする」というのが大きな理由だったりします。


現代では写真に撮っておくという手もありますが、昔はそうはいかなかったでしょう。


99B30AB6-9A26-4108-8223-7BDAF07451F7.jpeg



こちらは年末の写真ですが、玉ねぎを描いている生徒さんのモチーフセット。


日持ちしない、またはすぐに状態が変わってしまうようなモチーフを描く場合には、基本的には途中で新しいものに取り替えていきます


それじゃ描きにくいじゃないかと思うかもしれませんが、実はメリットもあり


その日のモチーフごとにいい部分を取り入れて描き進めることで、モチーフの個体差に左右されず自分のイメージに近い絵にしていくことができます。


また、薔薇を描くなら徐々に花開いてきますし、風景を描いても空模様は刻々と変化して行きます。絵を描き続けていれば、自然と「いいとこ取り」の習慣が身に付いてくるでしょう。


A415BF1A-3803-4FEB-9D36-0484189EF87A.jpeg


ところで、教室の盆栽、梅の花がわんさか咲きましたかわいいかわいい


小さいのにすごーいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


posted by 月島アートスクール at 10:26 | 日記
最近の記事