2019年04月21日

身近なもののデッサン

DSC_6577.JPG

絵の基本は「よく見る」という事ですよね。

それは写真などを見て描く場合も同じではありますが、

やはり、実際に目の前にあるモチーフを描けるようになりたい

という生徒さんも多いようです。

それでは、今回は普段教室にあるモチーフの一部を見ていきましょうひらめき

DSC_6576.JPG

まずは季節のお花ですかわいいかわいい

毎回同じモチーフが用意されるわけではありませんが

気になるお花が飾られていたら、予定を変更してスケッチを始める生徒さんも。

じっくり描きたい場合には造花も選択肢になりますね。

DSC_6577.JPG

変わってこちらは石膏の幾何形体です。

定番モチーフながら、まじめに描くとパースが恐ろしく難しい!

また、石膏の白さを鉛筆の黒のみで表現するのも意外と気をつかいます。

地味ながら上級者向けの、奥の深いモチーフですねあせあせ(飛び散る汗)

DSC_6580.JPG

こちらは独特な質感の面白いホオズキ(よく見えませんが)

自然物に関しては、その物体の個性や良さを見つけてあげるところから、絵作りが始まります。

置く向きや見る角度、光の当たり方などなど。。

教室では他に果物や流木、貝殻などもよく描かれるモチーフですねアート

DSC_6647.JPG

最後にコーヒーミルです。

直線と曲線、木と金属の質感表現などが、意外にもデッサン向きな日用品の一つです。

身近なものですが、瓶やカップ、グラスなども立派な絵の題材になりますね。

むずかしい事はひとまず置いておいて、目の前の物をただただ描く…

集中した、楽しいひと時です目ぴかぴか(新しい)


posted by 月島アートスクール at 11:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: