2020年06月12日

緊急事態宣言解除後の再開状況について

DSC_9218.JPG



昨今の新型肺炎流行拡大を受け、月島アートスクール大人絵画クラスも一時休講となっておりましたが


宣言解除を持って、現在は徐々に教室を再開しております。


感染予防の観点から、当面の間は受講人数の制限、マスクの着用、入室時の検温などをお願いしております。


また、海外から帰国後14日間の間は念のため受講をお控え頂けますと幸いです。


教室では皆様が安心して創作活動に専念できますよう換気・消毒を徹底し、スタッフ一同万全を期して参りますので


どうぞご理解とご協力のお程、よろしくお願い致します。



DSC_9215.JPG

続きを読む
posted by 月島アートスクール at 11:51| Comment(0) | 日記

2020年02月02日

絵の『 完成 』とは??



日頃、絵を描いていると、理想のイメージに近づく為に


いつもと違う画材で描いてみようかと考える事もありますよねひらめき


当スクールでも基礎デッサンからスタートし、そこから水彩、パステルなど


色を使った制作に挑戦していく方が少なくありませんアート


DSC_8821.JPG


しかし、そこで気になってくるのが……


『 いったいどこで完成なのか?? 』という問題ですあせあせ(飛び散る汗)


目と手のトレーニングとしてのデッサンと違い、色彩を伴う制作は


よりご自身の“作品”として意識するものなので、妥協したく無い気持ちも出てくるものですよね。


DSC_9123.JPG


これに関しては、やはり正しい答えのある事でもありません。


あの有名なモナ・リザも、「死ぬまで描いていた」「結局まだ完成していない」


なんて言われているのですがく〜(落胆した顔)


そこまでこだわれるのは、もはや一つの才能と言えそうですねひらめき


DSC_8975 (2).JPG


とは言え、煮詰まってしまうのも辛いものexclamation


気分転換に他の物を描いてみてもいいし、期限を決めて完成させてしまうのも一つの手です。


後で見てみたら意外と悪くない、なんてこともありますからね。


せっかくの作品、難しく考えすぎずに、まずは楽しく描きましょう晴れ


posted by 月島アートスクール at 12:00| Comment(0) | 日記

2020年01月17日

絵の具と顔料

DSC_8824s.jpg


年末年始の雰囲気が名残惜しい今日この頃、先月からの続きを描くのもなんだか久しぶりのようです。


ご自身の絵でも、少し間が空くと前回とは違ったイメージで進めたくなることもありますよねひらめき


そんな時に覚えておきたいのが、顔料の種類です。


DSC_8963.JPG


例えば、制作途中の作品に加筆する時に、前回使った絵の具を「赤」や「青」等で覚えていた場合


パレット上で頑張って混色しても、一向に前回と似た色を作れない可能性があります。なぜでしょう??あせあせ(飛び散る汗)


DSC_8973.JPG


答えは顔料が違うからかもしれませんアート


上は絵の具セットに入っていた二つの青色、、コバルトブルーディープ(左)とコンポーズブルー(右)


使われている顔料は名前の通りのPB28コバルトブルーと、右はPB15フタロシアニン+ホワイトです。


DSC_8975.JPG


こちらはそれぞれにシルバーホワイトを混ぜたところ。


青と言っても、中身は全く別モノな為、他の色と混ぜた時に出来る色もかなり印象が変わってきますね目


DSC_8979.JPG


この二色を混ぜてみても綺麗ですね。


絵は自由に大胆にフィーリングで描けるものですが、少なくともお気に入りの色が出来た時には


色名や顔料の種類などを覚えておくと、より思い通りに作品が描けるようになります。


いろいろな絵の具を触ってみて、徐々に得意な色を増やしていきましょう晴れ


DSC_8826.JPG
posted by 月島アートスクール at 12:16| Comment(0) | 日記