2022年11月18日

集中力!

CD52C89E-487E-4896-BBF4-969D47992FF2.jpeg


現在大人クラスには、だいたい中高生くらいから上の幅広い年齢層の生徒さんにお越しいただいていますかわいい


最近、調子の良さそうな学生さんに「集中できる日」と「そうでもない日」の違いを聞いてみたところ、それぞれ「前日よく眠れた」や「テストが近い」といった答えが返ってきました。


思えば、ただでさえ勉学に部活に多忙な時期に絵画教室にも顔を出しているのですからえらい事ですねあせあせ(飛び散る汗)





しかし基本は、大人の皆さんも同じ事かもしれません。健康を維持し、やるべき事を片付けて、何の気がかりもない状態にしておけば


自然といい絵が描けるのかもしれませんひらめき


スッキリした気持ちでいい作品をつくっていけたら一番ですねわーい(嬉しい顔)


CC4DBA30-6630-4655-B1DC-4996B19C39A2.jpeg
posted by 月島アートスクール at 10:39 | 日記
2022年11月11日

立体作品

0E1F7B3A-C5A7-4C7C-B924-75F85F79C4D9.jpeg


粘土作品で、季節感を反映した「あの人」をつくっているようです‍クリスマスツリーぴかぴか(新しい)


生徒さんのご要望で、スクールでも今年から解禁された立体作品ですが(以前は平面作品のみだったそうです)


彫刻専門の先生が毎回いてくれる訳ではないので、、日々講師共々勉強しながら進めております。


これが完成したら先生を召喚できる予定なので、頑張りましょう!!ダッシュ(走り出すさま)


788F3998-3F6A-4C90-BB71-3D417443957F.jpeg


かわって水彩の生徒さん。


いつも思うのですが、やはりこの画材でこれをやる!と決めた生徒さんはめきめき上達していく印象があります。


元から描ける方でしたが、写真を参考にしながらしっかりご自身の絵、色彩というものを水彩独自の表現でできています目


まだ途中ですが、完成後のイメージも既にお持ちでしょう。楽しみですねわーい(嬉しい顔)


395B162C-9D4E-4A72-B701-5002987B7525.jpeg


そしてついに完成した水辺のアクリル画


実は都会の風景を絵画にするのは意外と難しいと言われています。


単純に形や色の複雑さなども理由ですが、当然ながら歴史的名画にはビルが登場していないので「お手本が無い」というのもありますね。


絵画の歴史は長いですが、ビルに関してはまだまだこれから発展していくモチーフだと言えるでしょう目


そして今回は画面の半分を大胆に水面にすることで面白さが出ています。緻密な建物と絵画らしい水面のタッチがいいです晴れ


こうした挑戦的なモチーフにこれからもどんどん挑んでいってもらいたいものですかわいいかわいい

posted by 月島アートスクール at 12:06 | 日記
2022年11月06日

ワイン瓶のデッサン

0E1F86B1-D737-4FC3-B9BD-7E2C70C921DA.jpeg


基礎デッサンをしていく中で避けて通れないのが、「ガラスの描き方」です。


今回は絵のモチーフとしても人気のある「ワイン瓶」のデッサンに挑戦中の生徒さんをのぞいてみましょうマティーニ(カクテルグラス)


C646CCE5-F09F-44AE-9539-763D0D740E42.jpeg


まずはこちら。ガラスのデッサン自体初めてだったかと思いましたが、瓶の透明感がしっかり描けているのがとても素晴らしいです。


肉眼でガラスを見た時、なぜそれが透明だとわかるのか?というと、後ろのものが透けて見えているからな訳です。


この絵で言うと、瓶の底の部分や裏側のラベルの影などが描かれていることによって、見た人も透明な瓶だと理解できるわけですねひらめき


これが描けるようになったなら、次は瓶の「色」の表現に進んでみましょうるんるん


31462A14-1FF5-4273-AEA7-7675915CE836.jpeg


こちらの生徒さんはより暗い色の瓶をモチーフにしています。暗いガラスは照明角度などによっては透けて見えるものが少ない場合もありますね。


しかし、肉眼で見た時にはそれが透明な瓶であるとわかります。なぜでしょう?実際には、後ろに何もなくても「光」が透過しています。こちらのデッサンではその光を描くことで透明感を出しています晴れ


この感じがビン底などにも入ってくると、全体の説得力が益々出てくるでしょうかわいいかわいい


初めて描く時には何をどうしていいか分からないこともありますが、こうして描ける材質を増やしていけば、何でも描けるという自信がついてきて絵もどんどん楽しくなってきます。


もし苦手なモチーフなどあれば、地味ですがまずは基礎デッサンから!しっかり向き合ってみてはいかがでしょうか〜わーい(嬉しい顔)
posted by 月島アートスクール at 10:30 | 日記
最近の記事