2021年03月21日

画材体験セットあれこれ

月島アートスクール大人クラスでは、使用画材に関して基本的には”自由”になっております。


今日も生徒さん各々にお気に入りのやり方で作品創作に励まれておりますが目ぴかぴか(新しい)


今回はまだどんな画材が自分に合っているか分からないという方のために!教室の画材体験セットをいくつかご紹介しますかわいい






● パステル

DSC_1688.png

手軽な画材でありながら、意外と触ったことのないという方も多いパステル。

子供の頃に遊んだ「クレヨン」と似た画材ですが、油分を含まないのでベタつきません。

発色がいいのも特徴で、顔料の粉をそのまま押し固めたような強い発色を得られます。

多くの有名画家にも愛された歴史ある画材です。





● 色鉛筆

DSC_1690.png

こちらは非常によく知られた画材。

身近な分、大人になってから本格的に取り組むイメージがない方もいるかもしれませんが

色鉛筆画というのは近年動画サイトなどで注目されているジャンルの一つだったりもします。

リアルを目指すもよし、ファンシーに彩るもよし。






● 透明水彩

DSC_1691.png

こちらも一度は使ったことのある定番の絵の具…

と思いきや、実は小学校などでよく利用されているのは”半透明水彩”の場合が多いです。

透明水彩とは文字通り透明な絵の具の層を、紙の白さでもって輝かせているため、ある種宝石のような美しさがあります。

当時は苦手意識があった方も、大人になってから手にする価値が十分にある画材かと思います。






● 顔彩

DSC_1684.png

日本画系の画材です。日本版水彩絵具といったところでしょうか。

初めから固形のものを、水で溶かし出しながら使います。

きっちりした作品というよりは、絵葉書やスケッチなど味のある作風に向いています。

色名もほとんど日本名で、日本独自の多彩なラインナップが見つかります。






その他、油彩やアクリルなどなど。


「興味はあるけど使ったことないし、、」なんて画材がある時には、ぜひ講師までご相談くださいませひらめき


posted by 月島アートスクール at 10:30| Comment(0) | 絵画講座

2021年03月12日

模写って意味あるの?

DSC_1600.png


生徒さんが東山魁夷の模写をしておりましたぴかぴか(新しい)


日本画家の中でもとびきり有名な作家なので見たことのある作品も多いですが、、


いざ模写となると、一筋縄ではいかなそうですね!!アート



■ 模写って本当に絵が上手くなるの??



ところで、よく質問されるのが「人の絵を描き写して意味があるの?」という疑問です。


確かに作業として写すだけだと、創作活動というイメージに合わないところもありますね。


少し模写をする理由を考えてみましょうひらめき








その1 : 技法を考える



既に知識として知ってい技術でも、名画の中での技法の効果的な使われ方を追体験することで


実際の制作にどうのように取り入れるのかを実感を持って考え、理解しましょう。


人物画なら骨格、風景画ならパースなども描いてみて分かる事は多いです。







その2 : 作家の狙いを考える



一見気にもならないような些細なモチーフの配置や構図、色の組み合わせや描き込み具合には


画家の狙いがたっぷり詰め込まれています。


なぜそこに木が必要なのか?なぜ地平線はこの高さなのか?いちいち考えながら進めてみましょう。







その3 : 結局何が魅力的なのかを考える



自分の大好きな絵を模写してみると、意外にも難しい部分もなくあっさりそれっぽく描けてしまったり


逆に想像の何倍も苦戦して悲しくなることもありますが、、がく〜(落胆した顔)


一番大切なのは、結局自分がその絵に感じている魅力の正体を確認する事です。


美しい色彩なのか力強い画作りなのか、はたまた独特のタッチや強烈な個性が重要なのか…


それさえ見えてくれば、自分が目指すべき作風や方向性も決まってくるでしょう。












実際のところ、絵の上達に模写が必須というわけでは全くありません。


しかしせっかく膨大な「お手本」に囲まれたこの時代に生まれたのですから


気になる絵に出会った時には、模写を通してじっくり研究してみるのは意義深いですし


何より楽しいものですね晴れ

posted by 月島アートスクール at 11:38| Comment(0) | 絵画講座

2021年03月04日

[ 休講日のお知らせ ]




次回 2021年3月7日(日)の日曜大人絵画クラスはお休みとなります。

よろしくお願いいたします犬猫
posted by 月島アートスクール at 12:15| Comment(0) | 日記